LCC国内線まとめ

■AIR DO(ADO)

2017年06月13日 17時52分

 
最初に参入したときの会社名は、北海道国際航空でした。
名前からも分かるように北海道資本のLCC(格安航空会社)として立ち上がりました。
現在は全日空の傘下に入っています。メリットは北海道に強く、就航本数も断トツです。
道民割引もありますから、北海道に在住の人たちにはおトクです。
総体的にお値段はLCCの中で高めの水準です。
直前割引でもおトクな「Doバリュー3」などもあります。
 
Doバリュー3はビジネス客をターゲットにしたプランです。
搭乗日の3日前までに座席の予約と購入を完了すれば、
設定されている特定のフライトが割引料金で利用できます。
注意しなければならないのは予約の取消も座席指定もできないことです。
 
空席も限定的ですから、グループでの旅行の場合は全員が同じフライトに乗れるとは限りません。
北海道メインの航空会社ですから、北海道を優先に考えられています。
どういったサービスがあるのでしょうか?
 
1番目「北海道の味がセールスポイントの無料サービス」です。
LCC(格安航空会社)はドリンクサービスが有料のことが多いですが、エアドゥは違います。
お水やお茶だけでなく、珈房サッポロ珈琲館のオリジナルブレンドコーヒーの提供も無料です。
北海道産のごぼうを使ったあったかごぼうスープもなんと無料提供です。
北海道に到着するまでに、北の大地の味を楽しめる演出があります。
 
2番目「道民割引」です。
My Airdo会員に事前登録した北海道在住の人・北海道に本籍がある人・
本社が北海道の会社勤務の人に適用されます。
当日のチケット購入でも割引がありますし、何度でも予約の変更ができます。
キャンセル料も不要です。
ビジネスシーンでは突然の出張もありますし、スケジュールも流動的です。
移動費用のコスト負担を下げるにはありがたいサービスです。
 
3番目「北海道発注割引」です。
北海道から往復航空券を購入される場合に適用され、北海道民でなくても利用できます。
条件は30日以内に北海道から本州のどちらかに行って戻ってくるだけのシンプルなものです。
北海道内のフライトは適用外で北海道から出ることも条件になります。
当日購入もできますし、割引もあります。